読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格闘技メモ

ずっとメモにしてばかりなので履歴も兼ねてログ残す。

2年ぐらい前から職場近くのジムに通っている。
スポーツジムではなく格闘技のジム。以前膝の手術をしたので、リハビリも兼ねてフィットネスジムに通ってたけど、日常生活に支障がなくなると、特に筋トレする理由が無くてモチベーションが保てずに、半年ぐらいで飽きた。
その後、現在の職場に転職して、定時後に何かをしようと思い、格闘技をやろうと思って、近場のジムを探す。
会費安いし、いろんな種類の競技が教えてもらえそうだったので
入会。
キックボクシングや、寝技(柔術グラップリング)のクラスがあり少しづつ参加していたら今では土日も含めて毎週2、3日は通う程にハマる。

筋トレはまあ少しはやってたが格闘技未経験という事もあり色々と指導を受けて少しづつ成長してんのかなともおもうし、指摘された時の内容をメモがてらブログに書いていく。

その時にやった事も忘れないよう書いてく。

 

 先ずは基本から。

 

スタンス

大きくオーソドックス(左足前、右利きに多い)と、サウスポー(右足前、左利きに多い)がある。

 

  • 前足:後ろ足は4:6ぐらいの荷重割合
  • 顎は引いて狙われない様にする。足元を見てから目線だけを前に向けるとイイ感じになる。
  • 前側の肩を出して、後側の肩を引く事で真正面に急所が見えない様にする
  • 肩はリラックスして下げておく
  • 前手は顎に当ててから少し前に出す。
  • 後ろ手は顎に付けるぐらいの位置で待機
  • 肘は締めて、アッパーなどが入ってこない様にする

 

ジャブ

  • 素早いジャブは裏拳ぎみ、または縦拳のまま
  • 肩を上げて自分の顎を守る
  • 当て込む時は拳を内側に捻る
  • 出した後は素早く引いて体制を戻す

 

ストレート

  • ストレートは前傾して打つのではなく、腰を捻って打つ。
  • インパクトの時に腰の回転を絞って止める。脇を締めて小さくまとめる
  • 相手にバレやすいので肘が開かないように真っ直ぐに拳を出す。
  • 前のめりにならないようにして、前足は前傾しないように耐える。
  • 後ろ足は横にズレたりしないようにつま先で地面に立てて止め、拳からの力を後ろ足で支えれるように踏ん張る。
  • ストレート出した後に拳を引くときは腰、肩を捻って元の位置まで戻す
  • 打ったらすぐに引いて元の体制に戻せる重心位置を意識。
  • 自分のパンチの距離をサンドバッグなどで把握しておく。
  • 距離があるときはジャブで距離を詰める

 

意外とやる事が多くて形がマトモになるまで時間がかかるし、鏡とかを見ながらのシャドーと、対人の場合で大きく勝手が変わってきて難しい。